脇の毛穴の黒ずみの正体は何?

ワキの皮膚自体が黒ずむのとは別に、毛穴が黒ずんだり、茶色っぽく目立つことがあります。
その脇の黒ずみ毛穴の正体としては以下のようなものが一般的です。

 

  • 汚れが詰まっている
  • 抜く処理をしても取り切れない毛根
  • 剃った後の残りの毛
  • 毛穴や周辺が炎症を起こし、色素沈着してしまった

 

剃ると剃り跡が目立ちますが、これも毛穴が黒や青っぽく見えますよね。
また、自己処理の際に毛穴や周辺皮膚を傷つけたあとに色素沈着が残り、毛穴が茶色っぽく目立つこともあります。

 

あと、毛穴なので影ができてしまい、どうしても黒っぽく見えやすいというのもあります。
ちなみに脱毛して毛がなくなると、毛穴がだんだん閉じて目立たなくなっていくことが期待できます。

 

ムダ毛がなくなれば、自己処理する必要も減ってきます。
その結果、自己処理を原因とする色々なトラブルから解放されるということです。

 

ワキの毛穴の黒ずみのために脱毛するなら?

 

黒ずみの原因が脇毛処理にあるのなら、一時的な除毛ではなく脱毛に切り替えるのがいいでしょう。

 

医療レーザー脱毛は効果的ですが、サロンのフラッシュ式で満足できなかった場合や最初から高い効果を求める女性などが通うことが多く、費用はサロンより高いのが一般的です。

 

なかにはワキレーザー脱毛が安いクリニックもあるのですが、地域によっては通える範囲にない場合もあるのではないでしょうか。

 

これらと比べると、比較的気軽に通いやすいのが脱毛サロン。
一般的に価格もクリニックより安く、幅広い年齢層の女性が通っています。全国展開のサロンだと、利用者が多いぶんネットでの口コミも沢山読むことができて安心感があります。

 

脇を脱毛した女性の感想には、『非常に楽』という声が多くみられます。脇脱毛をする場合は、回数制限がないほうが追加契約などをする必要もないので安心です。

脇の毛穴の黒ずみの正体は何?関連ページ

埋没毛の治し方は?…わき毛処理の抜く剃るで肌を傷つけていませんか?
埋没毛の治し方は?根本的な解決策はあるの?埋もれ毛の原因や自己ケア、改善方法などについて。
脱毛器で埋没毛になることがあるってホント?
脱毛器で埋没毛ができることはあるのでしょうか?確かにそうなりやすい脱毛器というのはあるようです。綺麗になるために使った脱毛器で埋没毛なんて…
ムダ毛処理で剃るとかゆみがでるのは何故?
ムダ毛処理方法としてわき毛を剃るのは手軽ですが、処理後に痒みがでたりすることもあります。考えられる原因は?カミソリ負けの理由もいくつかあるようです。
カミソリ負けの原因と防ぐ方法について
カミソリ負けの原因と防ぐ方法。原因を知って、防ぐことがカミソリ負けに悩まないために欠かせません。でも本当は脱毛の方が後々楽かも…。
脇剃り跡が気になる!おすすめの処理方法は?
脇剃り跡が残ると、青く見えたりしてキレイじゃないので気になりますね。剃る以上は解決しにくい悩みです。どうしても気になるならば違う脇毛処理方法に変更するのが改善策です。
脇毛を抜き続けると起こりやすいトラブルって?
脇毛を抜くと起こりやすくなる肌トラブルがあります。そうなってしまう前に気を付けましょう。
脇毛のぶつぶつを治すなら脱毛してムダ毛をなくす!
脇毛のぶつぶつを治したいと思うなら、脱毛してムダ毛を無くすこと。ブツブツにはいくつか種類がありますが大抵は自己処理が原因となっています。
脇の黒ずみを解消したいなら自己処理に注意!
皆がやってる脇の黒ずみ解消の方法を紹介。できてしまった色素沈着をケアしつつわき毛の自己処理を見直して、もっと綺麗な脇にしましょう。せっかくお手入れしても剃ったり抜いたりを続けているともったいないですよ。
除毛クリームは肌荒れやかぶれが起きやすい?
除毛クリームで肌荒れやかぶれを起こすことがあります。
ワキ毛をワックス脱毛できる?
ツルツルになるのが特徴のワックス脱毛。わき毛もワックスで脱毛できるかどうかについて、メリット・デメリットは?
脱毛器と脱毛サロンならどっちが良さそう?
わき毛を家庭用脱毛器で自己脱毛するか、サロンで脱毛するかは難しいところ。自分のライフスタイルや性格などによってもメリットの感じ方は違ってきます。
わき毛は剃るのと抜くのはどちらがいいの?
わき毛を剃るのと抜くのは、どちらがダメージが少ないのでしょうか?それぞれに良い点悪い点があります。
脇毛穴の盛り上がりがツラい。ブツブツ肌の原因と治し方
ワキの毛穴が盛り上がってブツブツのように見える原因と治し方。これを治すには時間はかかりますができるだけツルンとした脇に近づけましょう。
同棲中のムダ毛処理、皆はどうしてる?
同棲すると色々な問題が出てきます。そのひとつがムダ毛処理。同棲中の女性たちがどう対処しているのか調べてみると…